Ecoalf

『海の日』 TAKE CARE OF WHAT YOU LOVE.

Take care of what you love.

愛するモノをまもりたい

 

貴方は何を愛し、何を守りたいですか?

 

ECOALFが愛し守りたいもの。

それは、創業者ハビエルの息子アルフレッドら子どもたちが過ごす地球環境。

そして、その地球を支える「海」です。

 

The oceans are the lungs of the planet.

海は地球にとっての「肺」です。

小さな生き物から、生命の歴史のなかで最大級といわれる生き物までが暮らす広大な海。

そして、もっとも大切なことは、海の健康が生物にとっての基本だということです。

 

生物は海の存在によって生きていけます。

水をきれいにし、気候をおだやかにし、生物が呼吸する酸素のほとんどが海の働きによって作り出されている。

 

海は私たち地球にとって、息をするときの肺のようなものです。

 

Every choice we make has an impact.

人が暮らしてゆく上で、良くも悪くも、すべての「選択」が海に影響を及ぼします。

そして、その影響は海の中に暮らす生物、そして人々の暮らしに大きな影響をもたらします。

 

普段の生活で使うもの、日々着るものを見直してみませんか?

 

ECOALFがファッションで挑むこと。

 

①最終的に海に流れ出てしまう生活ゴミを資源として循環させるリサイクル素材を代用する。

→リサイクルマテリアルについてはこちら

 

②メッセージ【BECAUSE THERE IS NO PLANET B】を掲げ、ファッションで環境問題と向き合う。

→【BECAUSEコレクション】はこちら

 

③海洋ゴミを自ら回収し、資源として新たなプロダクトに生まれ変わらせる。


→Upcycling The Oceansとは?

 

これらのファッションを通じて環境問題と向き合い、小さなことから・楽しみながら、新しいサステナブルなライフスタイルを提案する。

ただ、プロダクトをつくるだけでなく、問題解決にむけたアクションをする。

それが、エコアルフが掲げるサステナブルファッションです。

 

『海の日』は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」独自の一日。

 

私たちを支える海のために、身近に出来ることを見つけてみませんか?

 

ACT NOW!

 

#becousethereisnoplanetb

#第2の地球はないのだから

SHARE

最新NEWS