税込5,500円以上のご注文で送料無料
Ecoalf

【ロスフラワーをTシャツにアップサイクル】 企業CMで用いた生花を「ECOALF」のTシャツの染料として活用

パナソニック ホールディングス株式会社(以下、パナソニックHDまたはパナソニックグループ)が、ブランドスローガン「幸せの、チカラに。」を訴求する企業CMで用いた生花を染料として活用して染めた「ECOALF ボタニカル ワンハンドレッド Tシャツ」(税込¥9,900)を、9月17日(土)にオープンする「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」にて店舗限定で発売いたします。

 

企業CMで用いた生花をTシャツの染料として活用

「ECOALF/エコアルフ」は他業種の企業や行政と協力することで、新たな資源活用や循環の創出を模索しています。取組先企業の1つであるパナソニックHDとは、2021年より継続的に取り組みを進めており、今回のコラボレーションプロジェクトもその一環です。
パナソニックHDが、企業CMで使用した約2万本の生花を、廃棄せず活用することができないかと模索していた中、すべてのアイテムを再生素材や環境負荷の低い天然素材のみで製造・販売する「ECOALF」の製品として、パナソニックHDがCMで使用した花弁から抽出した、化学染料を一切使わない染料で染色したTシャツを製作するという、今回のコラボレーションプロジェクトがスタートしました。

これまで両社は、パナソニックHDが手掛ける植物由来のセルロースファイバー成形材料「kinari」を活用して、「ECOALF」の雑貨製品やボタンなどの副資材を共同開発してきました。「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」の9月17日(土)のオープンにあたっては、当社の各ブランドが店頭で使用していた廃棄予定の木製ハンガーを再利用するために、ハンガーの木製部分を「kinari」の材料として活用したアップサイクルハンガーを製作するなど、取り組みを進めてきました。
両社は、今後も共に取り組むことで、個々では成しえない新たな資源活用や循環の創出を図りたいと考えています。

 

 

 

 

 

「ECOALF ボタニカル ワンハンドレッド Tシャツ」の特長 

【染色】:染色においては、珈琲豆・チャフ(珈琲豆の薄皮)・麦芽染めなどの廃棄物を利用した染め物技術で実績のある株式会社 福井プレス(大阪府東大阪市)の協力を得て、約2.6kgの乾燥花から抽出した染料で染色した60着の「ECOALF ボタニカル ワンハンドレッドTシャツ」が誕生しました。

【デザイン】:Tシャツのプリントは、「ECOALF」のブランドメッセージ"BECAUSE THERE IS NO PLANET B ®"(第2の地球はないのだから)の文字を、花や茎・つるから発想し、アップサイクルや循環をイメージした渦巻状にデザインしています。手にとっていただいた方が、資源を循環していくことで実現する地球にやさしい社会や、サステナブルなくらしに思いを馳せてほしい、という意味が込められています。

<ワンハンドレッドTシャツ>とは・・・
「一着の服は平均して7回着用されると捨てられていた」という調査データもある中、「出来る限り大切に、100回は着用してほしい(※1)」という思いから生まれた日本企画のTシャツです。リサイクルコットンとオーガニックコットンを使用した糸を採用。オーガニックであると同時にリサイクルコットンを使用することで、新たな綿の消費を抑え、製品が完成するまでに必要な水の使用量を低減することにも努めています。
 ※1:着用方法やお取り扱い方法にも左右されるため、着用回数を保証する数字ではありません。

 

「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」店舗限定販売
ECOALF公式サイトでも後日販売予定


合計60着/税込¥9,900/S・M・L・XL ユニセックス
ベージュ系の1色展開(※2)

※2:化学染料を一切使わない染色法のため、色の濃淡やムラ感はそれぞれで異なり、個々の風合いとしてお楽しみいただけます。

 

 

9/17(土)OPENのECOALF 渋谷スクランブルスクエアに関するNEWSはこちら

 

ECOALF 渋谷スクランブルスクエア 9/17(土)オープン

 

 

 

 

メンズ 一覧

 

 

レディース 一覧

SHARE

最新NEWS