今すぐ使えるMAX1,500ptプレゼント!Wポイント&送料無料も!
Ecoalf

#1「海洋のプラスチック汚染」について簡単にわかる! Part 1 : 海洋汚染の出所

毎年、500~1,300万トンのプラスチックゴミが海に行きつくと言われています。 一方で、海洋のゴミは船の上からポイ捨てされたわけではなく、多くの場合では数百キロメートルもの旅をしてきたものです。

 

ecoalf

汚染は河川から始まるのです

世界の海洋にあるプラスチックゴミの90%が、わずか10本の河川から流れ着きます。うちに8本がアジアにあります: 長江、黄河、海河、珠江、アムール、メコン、インダスとガンジス。残りの2本は、アフリカにあるニジェール川とナイル川です。毎年、これら10本の河川が、数10万~数100万トンのプラスチックを海洋へ流し込んでいると考えられています。

これらの10の河川に大量のゴミが入っている理由

主に理由が二つあると思われています。 廃棄物管理政策が不十分かつ人口密度の高い地域を通るので、家庭ゴミだけではなく産業廃棄物も流れ込んでしまっているのです。 また、大雨などの自然災害が多い地域を通るので、埋立地に溜まっているゴミが河川に流されてしまっています。

 

ecoalf

日本の河川はどうなっていますか?

プラスチック汚染度はそれぞれの地域によりレベルが異なりますが、全世界の問題です。 2018年の『水辺のごみ見っけ!』 調査によると、国内河川には、約4,000万本のペットボトル、1,000万枚のレジ袋、140万個のカップ型飲料容器があると推測されました。

 

こちらの記事を読み、プラスチック汚染の現実に驚き、落胆する方々が多いかと思います。しかし、プラスチック汚染を減らすために、個人レベルで取り組めることがたくさんあります!

まずはできることから!#ActNow!
例えば、

  1. ① レジ袋、ペットボトルなど、毎日消費する使い捨てプラスチックを減らす!
  2. ② 自宅においても非プラスチック製のものを優先する
  3. ③ ポイ捨てられたゴミを見かけたら、拾う!
  4. ④ 年に何回か、街・自然クリーニング活動に参加してみる – 特に台風の後 -!

 

出典:

  • - UNEP (2018). SINGLE-USE PLASTICS: A Roadmap for Sustainability
  • - Export of Plastic Debris by Rivers into the Sea - Christian Schmidt、Orcid Tobias Krauth、Stephan Wagner - Environ. Sci. Technol. 2017, 51, 21, 12246-12253
  • - 『水辺のごみ見っけ!』https://kawagomi.jp/mikke/

 

クイズ: 海洋にあるプラスチック汚染の主な出所は何ですか?

  • - 河川
  • - 船
  • - 自然災害

答えは、こちらの専用フォームまたは、公式インスタグラム(@ecoalf_japan) にコメントをお願い致します。

※答えをお送りいただいた方の中から、各コラムのクイズ1問につき抽選で2名様に、海をキレイにするTシャツ「BECAUSE THERE IS NO PLANET B Tshirt」をプレゼント致します。当選された方には、後日メールor DMにてご連絡致します。※回答〆切4/22(水)23:59まで

SHARE

最新NEWS